本文へ移動

介護支援専門員連絡会

介護支援専門員連絡会 

 
 上三川町地域包括支援センターでは、複雑、多様化する生活課題を抱えている高齢者が地域で安心して生活していくために、介護支援専門員が中心となって様々な社会資源と結び付けていくことが必要となることから、介護支援専門員の日常的な業務の実施を支援します。

主な内容
・介護予防ケアマネジメントに関すること
・事例検討
・スーパービジョン
・虐待啓発研修
 ・介護予防、日常生活支援総合事業に関わること
・社会資源の活用
・在宅療養に関すること
・認知症に関すること
・個々の介護支援専門員からの相談対応
 
<令和4年度の予定>
 
第1回 令和4年4月19日(火)13時30分~15時00分
第2回 令和4年5月17日(火)13時30分~15時00分
(主任介護支援専門員対象)
第3回 令和4年8月23日(火)13時30分~15時00分
(主任介護支援専門員対象)※ZOOM研修に変更
第4回 令和4年11月22日(火)13時30分~15時00分
 
 
☆彡第1回介護支援専門員連絡会を開催
 
4月19日に開催した連絡会には32名の参加者が集まりました。
行政からは、「自立支援型地域ケア会議への協力依頼について」「要介護認定に係る申請様式と居宅サービス計画作成依頼届出書の記載について」説明を受け内容を確認しました。
 その他、在宅療養生活アドバイスブックを使って、スムーズに在宅療養生活が始められるよう活用方法を勉強しました。 
 
 
☆彡第2回介護支援専門員連絡会を開催☆彡
 
5月17日主任介護支援専門員が参加する連絡会を開催しました。
  第2回目のテーマは、主任介護支援専門員として、障害者総合支援制度を理解して活用できるようにしようでした。
 最近は、障害福祉サービスを利用していた方が65歳を迎え、介護保険に移行するという場面が多くなってきました。制度の違いを感じながら、利用者にとってどのようなサービスが必要なのかを一緒に考え、自分らしい生活が送れるようにサポートすることの大切さに改めて気づく機会となりました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
0
3
5
7
5
5
TOPへ戻る