≪社会福祉法人上三川町社会福祉協議会≫は、だれもが安心して暮らせる福祉のまちづくりをおこなっております。

 

えんがわ

 

令和3年度えんがわ

令和3年度えんがわ
 
 
   令和3年度 の、
 
    えんがわ   は、
 
    「上三川いきいきプラザ 大会議室」 と 「明治コミュニティセンター
     で開催します。
 
          上三川いきいきプラザは、町内全域を対象に、
        明治コミュニティセンターは、明治小地区に居住されている方を対象として開催します。 
   
      お申し込み先:事前に上三川町地域包括支援センター(56-5513)まで、お申込み下さい。
 
    認知症カフェ えんがわ  とは・・・・・
     認知症の人と家族の集いの場です。認知症になってもその人の力を活かし、活動や交流を楽しんでいます。
     ご家族にとっては、認知症の情報交換や悩みを相談できる場所となっていますので、お気軽にご参加ください。
     地域にお住いの方で、認知症に興味がある方のご参加も大歓迎です。一緒に認知症について理解を深めませんか。
    
 
 
 
 
 
    
 
 
 
   
 
  
 
令和3年度 第1回「えんがわ」開催しました。
令和3年4月15日(木)上三川いきいきプラザ大会議室にて、
今年度、第1回目の「えんがわ」を開催しました。
当日は、暖かな日でした。
参加者は17名。新しく1名仲間が加わり、嬉しい第1日目となりました。
この日は、参加者・職員の自己紹介、会場入口に設置する看板づくりをした後、
上三川町認知症ケアパスの冊子の情報を共有し、頭と体を使っての体操、
最後にプリントでの脳トレを行うなど、盛りだくさんの2時間で、
にぎやかな「えんがわ」となりました。
 
※上三川町認知症ケアパス・・認知症になっても安心して生活するために必要な情報が掲載されている冊子         
 
 
 
 
 
 
明治コミュニティセンターで「えんがわ」開催しました。
 
令和3年4月23日(金)明治コミュニティセンターにて、明治小地区の方を対象とした、
第1回目の「えんがわ」を開催しました。
 
初めて明治コミュニティセンターでの開催に、どれだけの方が参加してくださるか不安な気持ちで迎えましたが、
参加者は15名、にぎやかにスタートしました。
先ずは、自己紹介から始まり、衛生福祉大学校学生の声掛けで手指体操後、
工作は紙コップを使用した「こいのぼり
自分で色をコーディネートしながらの細かい作業となりましたが、皆さん根気よく制作されていました。
自分色のこいのぼり、素敵に仕上がりましたので、下記に写真でご紹介します。
その後は、上三川町認知症ケアパスの冊子の情報を共有し、認知症地域支援推進員による自宅でもできる「簡単筋トレ」
最後には脳トレプリントを配布し終了となりました。
 
 
<<社会福祉法人上三川町社会福祉協議会>> 〒329-0617 栃木県河内郡上三川町上蒲生127-1 TEL:0285-56-3166 FAX:0285-56-3164